マンションのシステムキッチンリフォーム費用・相場:移動費用や事例

マンションキッチンリフォーム

マンションでのキッチンリフォームの場合、一戸建てのキッチンリフォームに比べてスムーズに進めにくいケースが多く見られます。マンションは集合住宅になるため、マンションごと規約や制限があるからです。

マンションでのキッチンリフォームを検討する場合、「どのようなキッチンにリフォームしたいか」だけでなく、「リフォーム時に注意すべきこと」についても知っておくことが大切です。

そこで今回は、「マンションのキッチンリフォームにおける費用の違いと注意点」について解説していきます。

マンションのキッチンリフォームの費用

マンションのキッチンリフォームを行う場合、希望するキッチンのタイプ(種類)やグレードによって費用が変わります。

そのため、マンションのキッチンリフォームを検討する際には、各キッチンのタイプやグレードによる値段の違いについて知っておくことが大切です。

キッチンのタイプ(種類)を大きく分けると、I型キッチン・L型キッチン・対面型キッチンの3つに分類することができます。

Ⅰ型キッチン

I型キッチン

出典:LIXIL

Ⅰ型キッチンとは、「シンク・コンロ・調理場・冷蔵庫が横一列に並んだ状態のキッチン」のことを指します。

Ⅰ型キッチンは他のキッチンに比べて、設置に必要となるスペースは大きくありません。そのため、キッチンに割ける面積が広くない場合であっても、Ⅰ型キッチンは導入しやすいです。そして、Ⅰ型キッチンは他のキッチンと比較して、設置費用が安くなっています。

L型キッチン

L型対面オープンキッチン

出典:LIXIL

L型キッチンとは、「シンクとコンロを含む調理スペースがL字型をしているキッチン」のことを指します

L型キッチンは、Ⅰ型キッチンに比べて値段が高い傾向にあります。さらに、設置するのに必要なスペースもⅠ型キッチンに比べて広いです。

対面型キッチン

オープン対面キッチンペニシュラ

出典:LIXIL

対面型キッチンとは、「ダイニングやリビングの方に体を向けたまま作業できるキッチン」のことを指します。対面型キッチンに該当するキッチンの例としては、ペニンシュラ型キッチンやアイランド型キッチンなどがあります。

対面型キッチンもL型キッチンと同様に、設置するために必要となる面積が広いです。また対面型キッチンは、L字型キッチンよりも値段が高い傾向にあります。

キッチンのグレードによる費用の違い

キッチンのグレードには、シンプル・スタンダード・ハイグレードの3種類があります。

シンプルからハイグレードに向かうにつれてグレードが高くなります。そして、グレードが高くなるごとに、キッチンの材質が高価なものになったりキッチンが高機能になったりします。

グレードによって費用が変わるため、予算とのバランスを考えてキッチンを選びましょう。

マンションのキッチンリフォームができないケース

マンションのキッチンリフォームの場合、その内容によってはリフォームができないことがあります。

そこで、こちらの項目では「マンションのキッチンリフォームができないケース」について述べていきます。

リフォーム時にキッチンのコンロを変更できないケース

マンションのキッチンリフォームを考える人によっては、「コンロをIHクッキングヒーターに変更すること」を希望する人もいます。

ただし、マンションによっては「住宅全体に供給する電気の量」に制限が課せられているケースがあります。この場合、コンロを変更する前に、マンションの管理会社や管理組合に確認を取る必要があります。

そして、「IHクッキングヒーターが必要とする電圧の値」によっては、電気容量を上げなければいけません。このとき、電気容量を増やすことができない場合、IHクッキングヒーターを置けなくなってしまう可能性が高いです。

そのため、キッチンのコンロをIHクッキングヒーターに変更したい場合、なるべく早めにマンションの管理会社や管理組合に確認することが重要です。

リフォーム時にキッチンの床を変更できないケース

マンションの場合、リフォームにおける建材や設備について規約が定められていることが多いです。

こうしたケースにおいて、マンションのキッチンリフォームで床を変更したい場合、この規約の範囲内でなければ実施できません。

たとえば、マンションの管理規約において、下の階や近隣の住民についての音の配慮として「防音規定」が定められていることが多いです。

このとき、キッチンの床を変更することで防音規定をクリアできなくなる場合、キッチンの床のリフォームをあきらめなければならなくなる可能性があります。

リフォーム時にキッチンの位置を変更できないケース

マンションにあるキッチンの場合、状況によってはキッチンの位置を移動させられないことがあります。

たとえば、シンクの排水管の位置が階下の天井裏にまで入り込んでいる場合、排水管の位置を移動させることができません。このようなケースでは、キッチンを移動させるのが困難であり、キッチンの位置を変えられない可能性が高いです。

そのため、キッチンリフォームによってキッチンの位置を変更したい場合、前もって「排水管がどの位置を通っているか」などを調べておくことが大切です。

マンションのキッチンリフォームにおける注意点

マンションのキッチンリフォームを行う場合、以下のようなポイントに注意することが大切です。これらに気を付けることにより、マンションのキッチンリフォームでの失敗を避けられるようになります。

マンションの管理規約に注意する

先述の通り、それぞれのマンションには管理規約が定められています。そして、キッチンリフォームを行う場合、その管理規約をクリアできる内容でなければ実施できません。

マンションの管理規約に良く含まれているもののうち、リフォームに関係する規約として次のようなものが挙げられます。

機器などの搬入・搬出についての規約

マンションでのキッチンリフォームを行う場合、機器の搬入や不用品の排出について規約が定められていることが多いです。具体的には、「搬入路として使える通路」や「エレベーターの使用の可否」などについて規定が存在します。

床に使用できる材質についての規約

近隣や階下の住民が騒音で悩まされることがないようにするため、騒音などが出ない床材を使うようにする規約が定められていることがあります。

具体的には、「騒音が出てしまう床材は使用できない」といった規定になります。

工事時間についての規約

マンションでのキッチンリフォームを行う場合、担当の作業員の出入りのほか、工事による騒音やにおいが発生します。これらにより、近隣や階下の住民に迷惑が掛かってしまう恐れがあります。

そのため、リフォームの工事時間について規約が定められていることは多いです。具体的には、「工事を進めてはならない曜日」や「工事を行って良い時間帯」などが指定されているケースがあります。

電気・ガスの容量についての規約

電気やガスの容量についての規約がある場合、これらの容量を超えてしまう設備や機器を設置することはできません。

キッチンを移動の費用やポイント

キッチンを移動させるリフォームは費用が高くなります。移動する工事は大規模になるため、配管の移動などが必要になるからです。そのため、キッチンを移動させる場合は、費用が高くなることを覚えておきましょう。

また、マンションでのキッチンリフォームでキッチンの位置を移動させたい場合、住居の状況によってどのくらい移動できるかが異なります。

たとえば、希望の位置にキッチンを移動することで、排水管の角度が地面に対してほぼ平行になってしまう場合、排水管が詰まりやすくなる恐れがあります。

このような場合、「希望の位置にキッチンを移動するのは難しい」という判断になり、キッチンを移動できなくなるケースがあります。マンションのキッチンをリフォームする際は、「移動できるのか」「費用はどのくらいか」などのポイントに注意してください。

電気・ガスの容量に注意する

人によっては、キッチンをリフォームする際に、コンロなどの機器を変更する場合があります。このとき、新しく導入する機器によっては、電気やガスの容量をオーバーしてしまうことがあります。

このような場合、電気やガスの容量を増やすことができるかどうかはマンションによって異なります。そのため、キッチンリフォームで機器の変更を行う際には、あらかじめマンションの管理会社や管理組合に相談しておくことが大切です。

キッチンのレイアウトに注意する

マンションのキッチンリフォームを行う場合、できるだけ使いやすいキッチンレイアウトになるように考えることが大切です。

具体的には、「キッチンで作業する際の流れ」「コンロ・シンク・冷蔵庫の3つの距離を近すぎず遠すぎないようにする」「通路幅を狭すぎず広すぎないようにする」といったポイントを考慮することが重要になります。

そうすることで、キッチンリフォーム後に「使いにくいキッチンになってしまった」と後悔せずに済むようになります。

まとめ

マンションのキッチンリフォームを行う場合、まずは「キッチンのタイプ(種類)やグレードによる費用の違い」を知ることが大切です。

そして、マンションの管理規約と部屋の状況をチェックしたうえで、「今よりも使いやすいキッチンにリフォームすること」を意識しましょう。これにより、マンションのキッチンリフォームでの失敗や後悔を避けられるようになります。

また、マンションは集合住宅になるため、キッチンのリフォームを行う際は規約などに注意してください。

そして、壁付キッチンから対面キッチンへのリフォームを検討する方は多く見られますが、キッチンは移動するとその分費用は割高になります。そのため、移動させるリフォームを行う方は、費用が高くなることをあらかじめ把握しておきましょう。

キッチンリフォームを100万円も安くする裏技

キッチンのリフォームは、100万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いキッチンのリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のキッチンのリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

100万円以上安くキッチンのリフォームをお得にする方法はこちら

関連記事

関連記事がありません。