キッチンリフォームの工事日数や工期は?早く終わらせるためのコツ

キッチンのリフォーム工事日数

キッチンを新しいものに交換しようと思ったとき、大体どの程度の日数を頭に入れておけばいいのでしょうか。

キッチンは特に日々使用するものなので、出来る限り早く終わらさせたいですよね。あらかじめコツを知っておけば、早くキッチンのリフォームを終わらせることができます。

今回は、キッチンリフォームの工事日数についてお伝えします。どのくらいの日数がかかるのかを把握しておきましょう。

キッチンを新しいキッチンに交換する場合は2日

期間 日数
最短 1日
平均 2日
最長 3~4日

そもそもキッチンリフォームはどの程度期日を要するものなのでしょうか。キッチンリフォームをしたいと思うものの、リフォームの間、家を他に借りるというのもなかなか大変です。

そのため、住みながらキッチンのリフォームをしなければいけません。その間はキッチンが使えないため、キッチンのリフォームは最短期間で終了して欲しいと思いますよね。

そのままのレイアウトで新しくキッチンを交換」「コンロをガスからIHに替えたい」という場合、おおむね期間は1~2日程度見ておく必要があります。

ここで行われるのはもともとあるキッチンの場所の移動はなく、キッチン単体だけ新しく取り替えする作業です。

だいたい古いキッチンを撤去する作業に1日かかり、新しいキッチンの取り付けに1日要することになります。

場合によっては3日程度かかることもあります。ただ、コンロをガスからIHへの交換だけならば、1日で可能です。

床・壁などを含むキッチンのリフォームは1週間

期間 日数
最短 5日
平均 1週間
最長 10日

床・壁、さらに、換気扇、タイルの工事など含む工事の場合は、大体平均は一週間と考えてください。

キッチン交換に対して2~3日程度の期間、その他にかかる工事に3~4日程度かかります。

老朽化したキッチンのリフォームの場合、キッチン単体を交換するだけではきれいになりません。

床や壁にも油や埃が染みこんでいたりして大きな満足度はなかなか得ることができないでしょう。そのときはキッチンだけではなく全体的なリフォームがおすすめです。

キッチンだけリフォームして後で「床や壁もリフォームしておけばよかった」ということのないようにしましょう。

キッチンを移動する大規模なリフォームは2~3週間

期間 日数
最短 10日
平均 2~3週間
最長 1ヶ月

大きな規模のキッチンリフォームであれば、平均して2~3週間かかることがあります。水道管やガス管の配管工事、電気の配線工事なども行う必要があるからです。更に床の張り替えも必要になってきます。

たとえば、もともと壁側に取り付けしてあったキッチンを、「アイランドキッチンにしたい」「対面式キッチンにしたい」と言う場合は、1週間以上かかる恐れがあります。

大規模になると日数がかかることを覚えておきましょう。

キッチンリフォーム:住みながらする場合

先ほどお伝えしたように、キッチンのリフォームは住みながらすることができます。住みながらリフォームする際のポイントをご紹介します。

どのようなポイントがあるのかをご紹介しましょう。早く作業を終わらせるためには、あなたの協力も必要です。

作業がしやすいように片づけをする

住み続けたままキッチンリフォームをしようと考えたとき、スムーズに進行させるためにはいろいろな準備をあらかじめしておく必要があります。

まずあらかじめしておかなければならない作業は片付けです。キッチン周辺にある、冷蔵庫・食器棚といったものも移動が必要なことがあります。

そのときは工事が入るまでに中を整理しておくようにします。中身を出す作業と同時に、いいチャンスなので掃除も行っておきましょう。

冷蔵庫・食器棚の移動をすれば、それを置くためのスペース空間も確保しておく必要があります。再びもとの場所に戻す時のことも考えて、出来るだけキッチンの近くにスペースを確保しましょう。

人が住んだままリフォームに入る場合は、居場所もしっかり確保しておく必要があります。

リフォーム工事が入れば、騒音も出る可能性もあり、作業員の出入りも激しくなったりします。また埃がたつ恐れがあります。

工事が長期にわたる場合は、出来る限りストレスをためないで過ごすことができるように生活する場所を確保しておくようにしましょう。

リフォーム中はキッチンが使えない

毎日主婦は食事の用意をしなければならないですが、工事期間の間はキッチンを利用することができません。そのような事態をどう対処するのかも、事前に家族であらかじめ話しあっておくようにしましょう。

外食を余儀なくされることもあります。更に、惣菜やお弁当を買って来てお家で食べる選択もあります。

長期にわたるキッチンリフォームの場合、ちょっとしたキッチンスペースも頭に入れておくととても便利です。

カセットコンロやホットプレート、湯沸かしポットといったグッズはこのようなときに充分役立たせることができます。

カセットコンロやホットプレート、湯沸かしポットなどの商品をお持ちでない方で、一時的の使用だから購入はもったいないという考えであれば、レンタルを利用するのも1つの方法です。

食器を使えばいちいち洗うことになり面倒なので、この場だけは使い捨てのコップや皿でしのぐというのもいいでしょう。

トラブルを避けるために近所に挨拶しておく

リフォームする際にどのようなことが起こるかは未知数です。騒音を出したり、人や車の出入りが激しくなり、ひょっとしたら近所に迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。

キッチンリフォームによって日常生活に異変が起こるのは、我が家だけでなくご近所も一緒です。

マンションにお住まいなら、ひと続きの構造のため通路やベランダを伝ってホコリが流れて行ってしまうこともあり、建材・塗料のニオイが隣りに行ってしまうこともあります。

このような事態をあらかじめ想定しておき、工事が入る前には、トラブル回避のためにご近所に挨拶回りをしておくようにしましょう。

挨拶を取り敢えず済ましておくだけでも、ご近所さんもちょっと不快なシーンに遭遇しても、もう少し様子をみていてあげようという気持ちになります。

キッチンのリフォーム期間を短くする秘訣

多くの方が出来る限りリフォームの期間は短くしたいと思っています。実際には、平均よりも工事を短縮させることは可能です。そのコツについてお話ししましょう。

雨が多い日は工期が伸びる

キッチンリフォームは出来るだけ気候のいい時期を選択しておけば、工事の進行を早めることがでるでしょう。

絶対的効果があるとは言い切れないですが、工期を短く出来る可能性は充分あります。

雨だけでなく、台風のシーズンや、冬の雪が降りやすいシーズンは、すぐに建材の調達が出来なくなってしまう事態にも遭遇してしまう恐れがあります。

日曜日は休みなので月曜日から始める

キッチンリフォームは場合により長期になることもあります。多くのリフォーム会社の場合は日休みなので、日が出来るだけ被らないスケジュールがいいでしょう。

日曜日を出来るだけ挟まないようにするためには、月曜からリフォーム工事をスタートするのがベストです。

中には日曜日でも続けて作業してくれる会社もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

工程表を出してもらうようにする

キッチンリフォーム工程表

出典:【練馬区】パレットリフォーム工房株式会社

キッチンリフォームに取りかかる前には、まずは業者から工程表を出してもらうようにしましょう。

工程表によって、日々の工事のスケジュールを知ることができます。

さらに、変更事項もすぐにわかるように、都度書き直ししてもらうようにお願いしておきましょう。

自分自身でもリフォームの状況をいちいち確認出来るようにしておかなければ、期間の細部までしっかり管理することができません。スケジュールを管理しないと、業者はダラダラ工事をしてしまうかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。リフォーム作業は生活に支障が出てしまうので、期間もとても大事なポイントです。

あらかじめどのくらいの工事期間がかかるのか平均を知っておき、業者によってかかる期間を比較することも大事です。

自分たち家庭の問題だけでなくご近所にも配慮してトラブルの起こらないリフォームを決行しましょう。

キッチンリフォームを100万円も安くする裏技

キッチンのリフォームは、100万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いキッチンのリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のキッチンのリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

100万円以上安くキッチンのリフォームをお得にする方法はこちら

関連記事

関連記事がありません。