コの字・Uの字のキッチンリフォームの価格:メリットデメリットや間取り

コの字キッチンリフォーム

主婦にとって毎日使うキッチンは広くて使いやすい方が便利です。

移動を最小限で抑えることができれば家事の効率も上がり、ストレスなく食事の準備ができるようになります。

キッチンのリフォームで最近人気が上がっているのがコの字型、Uの字型と呼ばれるキッチンです。

ここでは、コの字型(Uの字型)キッチンの特徴やメリット、デメリット、リフォームの施工例をご紹介します。

キッチンのリフォームを考えている方はぜひ参考にしてください。

コの字型・Uの字型のキッチンとは

シンク、調理スペース、コンロが横1列に並んでいるⅠ型キッチンが少しまでは主流でした。

しかし、L字型やコの字型などさまざまな形のキッチンが販売されるようになりました。カウンターを3辺にし、コの字型に配置したキッチンのことをコの字型キッチン、もしくはUの字型キッチンと呼びます。

コの字型キッチンは3辺あるカウンターのうち、1辺をダイニング側に向けることが多いです。

また、対面式と併用して使われることが多いことも特徴です。

デザイン性に富み、様々なバリエーションがあるためキッチンをオシャレにしたい方におすすめです。電化製品やリビング、ダイニングの家具との組み合わせで様々なスタイルに変身させることができます。

コの字型キッチンを上手に活用するためにはメリット、デメリットを理解する必要があります。

それは、いい部分を最大限生かし、悪い部分は工夫とアイデアでカバーリングをしなければならないからです。

メリットとデメリットを把握し、オシャレなキッチンで効率のいい作業をできるようにしましょう。

コの字型のキッチンのメリット

コの字型キッチンのメリットは以下の5つがあります。

  • 動線が短いので作業効率が良い
  • 収納スペースが大きい
  • 広々しているので料理が楽
  • レイアウトを自由に決められる
  • コンロを壁側にできるので汚れない

コの字型キッチンは、キッチンからリビングも見渡すことができます。そのため、非常に開放感溢れる空間を演出してくれます。

小さなお子さんがいらっしゃる方や、キッチンとリビングを同化させたい方にぴったりのキッチンです。

ここでは、キッチンのリフォームの中でも人気のコの字型キッチンのメリットを1つずつくわしくご紹介します。

動線が短いので作業効率が良い

コの字キッチン作業効率

出典:https://auiewo.com/blog/lgata

コの字型キッチンは手が届くエリアが多くなるため、向きを変えるだけで別の作業を行えるのが特徴です。

コンロ、シンクがすぐ手が届くエリアにあると調理作業がしやすく、作業効率の良いキッチンといえます。

たとえば、図のように調理スペースで食材を切り、向きを変えればすぐにコンロがある状態になります。そのため、移動を最小限に抑え、効率よく炊事を行うことが可能です。

また、冷蔵庫やオーブン、電子レンジなどの配置を工夫することでより炊事の効率がよくなります。

少ない動きでスムーズに調理ができるベストの配置にするとストレスフリーで料理ができるようになりますよね。

さらに、コの字の奥側に調味料や食器を置いたり、花などのインテリアスペースにしたりすることもできます。

キッチンは、毎日使う場所だからこそ使いやすいような形状にしましょう。

コーナーをシンクにする

コーナーをシンク

また、コーナーに思い切って大きめのシンクを持ってくることで、洗い物がスムーズにでき、魚などは水を流しながらシンクの中で捌けば、広範囲への鱗の飛び散りや生臭さの拡散を防止できます。

コーナーにコンロを設置する

コーナーコンロ

コーナーにコンロとレンジフードを設置することで、他のスペースを広めに取ったり、余分なスペースを削ってコンパクトなコの字型キッチンにできたりします。

コの字のキッチンは、このようにコーナーを工夫すると家事がしやすくなります。

コーナーをシンクやコンロにするなど、あなたに適した方法でリフォームするようにしましょう。

収納スペースが大きい

キッチンには食器や調理器具など様々な物があります。収納スペースは多い方がキッチンの使い心地がよくなります。

通常のI型キッチンの場合、「コンロ」「シンク」「調理スペース」が密集しているため収納スペースは狭いです。

しかし、コの字型キッチンは、3方向にあるカウンターの下の空間がすべて収納スペースになります。

1つ1つのカウンターも大きいので器具も取り出しやすく便利です。

また、「コンロ」「シンク」「調理スペース」が独立しているため、調理器具の収納も用途に応じて分けることができます。そのため、キッチン収納のごちゃごちゃ感がなくなります。

取り出しやすい配置に収納することができるため、結果的に作業効率が良くなり、ストレスの少ないキッチンになります。

広々しているので料理が楽

カウンターを3つ取り付けてあるので、作業スペースがとても広いです。

「コンロ」「調理スペース」「シンク」をそれぞれ独立させるだけで、広々としたスペースで作業を行うことができます。スペースを気にして調理をする必要がないため、動いたときに調理器具や調味料などに当たってしまう心配も少ないです。

そのため、最小限の動きをスピーディーに行えるようになり、料理をするのが楽に感じられるメリットがあります。

その他のスペースも作業台を置いてワークトップ化すると、お皿を家族分並べておいて、料理を盛り付けていくというお店のような作業のしかたも可能です。

また、「調理スペース」と「シンク」を1面にまとめてしまえば、残りの1面がフリーで使えるようになります。このフリーの面は、状況に応じてさまざまな使い方が可能です。

たとえば、来客のときにカウンターとしての使用することができ、複数の人数で調理するときは調理スペースとして使うといったような使い方が可能になります。

このように、目的やシーンに合わせて自由に変えることができる点も、コの字型キッチンの特徴です。

さらに、2つのコーナーを自由に使えるため、料理好きの方や大家族の方にとってキッチンがとても使いやすくなります。

レイアウトを自由に決められる

レイアウトの自由度が高いこともコの字型キッチンの特徴です。

3面の使い方が自由なので、「シンク」「コンロ」「調理スペース」とそれぞれ独立させると広々とした調理しやすいキッチンになります。

また、「コンロ」「シンクと調理スペース」「カウンター」のようにすれば、友人やお客さんをカウンターに座らせることができるので、リビングで1人になることもなくなります。

このように、3面を好みや目的に応じて組み合わることができるので、理想のキッチンを創り上げることができます。

コンロを壁側にできるので汚れない

コンロ周りは汚れやすく、不衛生になりやすい場所でもあります。

コの字型キッチンであれば、壁側にコンロを設置することができます。そのため、油の飛びや調理による汚れを最小限に抑えることができます。

コンロ周りの掃除に手間を感じている方や、毎日のお手入れが大変と感じている方にぴったりのキッチンです。

コの字型のキッチンのデメリット

メリットがたくさんあり、開放感を演出できるコの字型キッチンですが、デメリットもあります。

コの字型キッチンへのリフォームを行う場合、このデメリットを様々な工夫やアイデアを用いて使いやすい状態へと変えていかなければなりません。

  • 広いスペース・間取りが必要
  • リビングダイニングが狭くなる
  • 大きいため圧迫感がある
  • 価格が高くなる
  • コーナーがデットスペースになりやすい

このように、使いやすさの裏には条件や使いにくい部分が生まれてしまう可能性があるのです。

ここでは、コの字型キッチンのデメリットと工夫が必要な点を詳しくご紹介します。

広いスペース・間取りが必要

コの字型キッチンは、通常のI型キッチンと比べてスペースが必要になります。

コの字に3面のカウンターを配置するため組み合わせによりますが、従来のキッチンスペースの1.5倍から2倍ほどの広さです。

広さが必要な分、冷蔵庫や電子レンジなどの配置も工夫する必要があります。

また、食器棚を一体化させたり、最小限の大きさに変更したりすると広いスペースを有効的に使えるようになります。

さらに、様々な変更点が必要になるため、間取りが小さい場合はキッチンを広げるために別途リフォームする箇所が増える恐れがあります。

リビングダイニングが狭くなる

キッチンスペース確保のため、リビングやダイニングが狭くなる場合が多いです。

特にキッチンはリビングやダイニングと併設しているケースが多いです。キッチンを大きくすることで、くつろぎスペースを小さくする必要が生まれます。

ソファーやダイニングテーブルを設置している場合には、配置を考えないと窮屈で過ごしにくく感じる恐れがあります。

空間を広々と演出したい場合は、腰の低い家具でそろえたり、不要なものを別部屋に移動させたりと、インテリアの工夫も必要です。

たとえば、リビングダイニングを一体化させたソファダイニングにする方法があります。

ソファダイニング

出典:https://roomclip.jp/tag/124018

キッチンカウンターのすぐ前にソファとテーブルを置き、ダイニングとリビングの機能を1つの空間で上手に両立させています。

これであれば、リビングダイニングが狭くなっても上手にスペースを活用できますよね。

大きいため圧迫感がある

コの字型キッチンは作業スペースにゆとりが生まれ、動線が短くなる分、かなり大規模なキッチンになります。リビングやダイニングが小さく、キッチンが大きく見えるため圧迫感を覚える場合もあります。

3面をすべて調理スペースにすると、生活するスペースが狭くなってしまう点もデメリットです。

そのため、圧迫感を抑える工夫やアイデアが必要になります。

たとえば、1面をカウンターにしてダイニングテーブルの代わりにすると、生活スペースを確保に繋がります。

また、色合いも明るめのカラーを採用することで圧迫感を緩和させることができます。

天井をクロスにしたり、タイルに変更したりと視覚的に圧迫感を抑えるインテリアコーディネートも必要になります。

価格が高くなる

3面のカウンターに加え、ガスや水回りの工事が必要になる場合もあります。

また、キッチン拡張により床のリフォームや天井のクロス張替えなどを同時に行わなければならないケースが多いです。そのため、リフォーム費用が高くなる恐れがあります。

キッチンの規模にもよりますが、おおよそ200万円の費用がかかることを想定しておきましょう。

しかし、リフォーム価格を抑えるには、水回りの位置を変えない配置にするだけでかなり費用を抑えることができます。また、床のリフォームはフローリングの張替えやタイルではなく、クッションフロアにすると価格が安くなります。

予算がどうにも厳しい場合には、対面式のキッチンに変更するなど、他のリフォームを考えるようにしてください。

コーナーがデットスペースになりやすい

コの字型キッチンは、コーナー部分がデットスペースになりやすいです。

カウンターの上部はもちろん、下の収納スペースも工夫をしないと無駄な空間が広がってしまいます。

より効率的な配置にし、無駄な空間をなくすことがキッチンの使いやすさに直結します。そのため、調理器具の配置、収納場所、調味料の保管場所など使いやすいように工夫をしなければなりません。

アイデア1つで使いやすさが上がるため、あれこれ工夫を凝らしたい方にとってはおすすめできます。しかし、特にこだわりのない方には不向きなキッチンです。

コーナーを収納スペースにする

コーナーがデットスペース出典:http://www.higuchinet.co.jp/suzuran/qyrio_l.html

コの字型キッチンはコーナーの使い方がとても重要になります。

カウンター面のコーナーには使用頻度がまあまあある調味料や調理器具を設置したり、花瓶などのインテリアを配置したりするようにしましょう。

また、下のスペースは引き出しの作りがポイントになります。コーナー部分の引き出しは開けるとぶつかってしまう恐れがあり、同時に開けることができません。

そのため、使いにくさを感じやすい部分でもあります。そんなときはコーナー用の引き出しが便利です。これなら使いにくいデットスペースを有効活用することができます。

このように、コの字型キッチンにはメリット、デメリットがそれぞれあります。

デメリットは工夫をすることで使いやすく、効率を上げることができるため、様々な工夫を凝らす必要があります。

また、カウンターの配置だけでなく冷蔵庫などの電化製品とのバランスも考える必要があります。

そのため、キッチンという空間を自由にコーディネートすることができます。

キッチンやリビング、ダイニングを含めて自分だけの空間を作りたい、様々なアイデアをキッチンに取り入れたいという方にはぴったりです。

コの字型キッチンのリフォーム事例:価格や間取り

オシャレで作業効率も上がり、広々とした空間でストレスのない動きができるコの字型キッチンはとても憧れますよね。

そこで、実際のリフォームの施工事例をまとめました。ぜひ、予算やリフォームアイデアの参考にしてください。

コの字型キッチンのリフォーム事例1:180万円

コの字キッチンのリフォーム

出典:https://www.homepro.jp/jirei/B89473.html

狭いI型キッチンから広々スペースのコの字型キッチンにリフォームされています。

扉のスペースに合わせてカウンターを設置し、壁側には電化製品を、窓際にはコンロ、リビングに面してシンクと調理スペースという配置になっています。

調理や洗い物をしながらリビングを見ることができるため、小さなお子さんがいらっしゃる方でも安心してみていられる間取りになっています。

さらに、リビング側に収納を持ってくることで食器やグラスなどの取り出しも便利になっています。

窓は既存のものを使用しており、採光もばっちりです。

コの字型キッチンのリフォーム事例2:145万円

コの字キッチンのリフォーム事例

出典:https://www.homepro.jp/jirei/B122715.html

2つのカウンターを壁に対面させたタイプのコの字型キッチンです。

食器棚と一体化させることで、シンク周りと調理スペースを広く取れるように工夫されています。

換気扇の配置も変更し、リビングに一番遠いサイドにコンロを設置してあるため、調理後の匂いがリビングに漏れにくいです。

キッチン周りに窓がなく、採光が難しいため照明を取り付けてあります。また、壁、天井、カウンターの上部は明るめの色を使うことで、キッチン全体が明るく、温かさを感じるように仕上げられています。

暗いと気分も上がってこないため、楽しく料理ができる空間となっている事例です。

コの字型キッチンのリフォーム事例3:180万円

コの字キッチンのリフォーム事例

出典:https://www.homepro.jp/jirei/B79447.html

リフォーム前は、後ろ側の全面が食器棚で広い片側がキッチンという配置からゆとりのある空間に変わっています。スペース広くて見渡しもよく、動線も短いため、調理の効率性が高いです。

また、シンクと調理台の面がリビングの方向に向いているため、リビングにいる家族と会話しながら調理を行うこともできます。

さらに、壁側の1面に調理器具を置くスペースを確保することで、シンクと調理スペースがとても広く使いやすいような設計です。

キッチンの床も同時にリフォームし、壁とキッチン、床とのコントラストがとてもきれいです。

おしゃれな空間の中で楽しみながら料理ができるので、毎日ストレスを感じずにキッチンに立つことができるようになっています。

まとめ

コの字型(Uの字型)キッチンはメリット、デメリットが多くあります。

より使いやすい空間にするためには、デメリットの部分を工夫やアイデアを凝らす必要があります。

ただ、費用が他のキッチンリフォームに比べて高くなります。

そのため、床や壁などのリフォームをいかに抑えるかが安くコの字型キッチンにリフォームするポイントになります。

おしゃれで、広々した空間が得られるコの字型キッチンへのリフォームを考えている方はぜひ参考にしてください。

キッチンリフォームを100万円も安くする裏技

キッチンのリフォームは、100万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いキッチンのリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のキッチンのリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

100万円以上安くキッチンのリフォームをお得にする方法はこちら

関連記事

NO IMAGE

キッチンリフォームは何年くらい?交換・買い替え時期やきっかけ

Ⅼ型キッチンリフォーム

【L型キッチンリフォームの特徴】使いやすいレイアウトや間取り

NO IMAGE

カウンターキッチンのリフォーム

対面セミオープンキッチンリフォーム

対面セミオープンキッチンへのリフォーム:5つの人気デザインと特徴

NO IMAGE

キッチンリフォーム人工大理石の特徴:ステンレスとどっちがいいの?