キッチンの扉交換費用や事例を紹介:おしゃれな扉に大変身!

キッチン扉交換リフォーム

キッチン扉の交換は、想像以上いい効果をもたらすことができます。キッチン扉だけのリフォームならそれほど大々的にはならずほぼ半日で済ますことができ、お手軽に行うことができます。

日々の生活をリフレッシュするためにも、キッチン扉の交換はおすすめしたい方法です。

今回は、キッチン扉のリフォームについてご紹介します。交換事例や注意点、費用などについてお伝えしていきます。ぜひ、是非キッチンのお家リフォームの参考にしてみてください。

キッチン扉交換費用は5~30万円

キッチン扉を交換しようと思ったとき、やはりどうしてもお金のことを心配してしまいますよね。

実際にキッチン扉の交換にはどの程度お金がかかってしまうのでしょうか。

扉の交換の相場は5~30万円が相場です。特注品の場合はもっと高くなることがあり、リーズナブルな価格で実現出来るものもありますが価格には大きな幅があります。

特注品などは高くなる恐れがある

キッチン扉グレード

出典:http://www.e-kitchen.biz/life/archives/10495.html

高級木材のウォールナット材やオーク材などを使用したものを使えば、それだけ価格は高くなります。

耐久性を意識して、頑丈なステンレス製のものを選択した場合も、なかなか費用を安く抑えることができないかもしれません。

耐震性や耐火性、耐水性など、更に複数の機能性を要求すればそれだけ価格は上がってしまうことになります。

キッチンの扉は選ぶ素材によって価格が異なるので、予算とのバランスを考えて種類を選ぶようにしてください。

交換する扉の枚数やグレードの違い

キッチン扉交換にかかる費用は、交換する扉の枚数やグレードなどによっても変わっています。

たとえば、一般的なケースで扉を6つ交換した場合価格は、10万~13万円あたりです。サイズが大きいものや扱いが難しいものなら、15万円以上の価格になります。

その中には、取り付け工事費用や、廃棄処分費用も含まれ3万~5万円あたりが相場です。

たとえば、既存の扉がステンレス製の場合などそれ以上かかるケースもあります。

ただし、工事が1日で終了しない時には、追加料金が発生してしまうことも考慮する必要があります。あらかじめ依頼するときには、施工日数の費用の変動幅を確認しておいたほうがいいでしょう。

蝶番(ちょうつがい)も一緒に交換

キッチン扉ちょうつがい交換出典:http://twoa.net/zakka/kittin/

キッチン扉の交換リフォームの場合、いろいろな別途費用が発生します。収納の扉をマグネット式に変える場合、1つにつき約5千円~1万円程度かかります。

ただし1つ増すごとに費用が倍加する訳ではなく、6つであれば2万~3万円あたりが相場と考えてください。

蝶番(ちょうつがい:開け閉めの金具)の破損があり、交換したいという方もいるでしょう。蝶番の取り付け工事にかかる費用は5千円~1万円あたりです。本体の価格を含めると、1万~2万円あたりが費用の相場です。

扉交換で既に蝶番がセットになっていることもあり、そのような場合別途費用はかからないですみます。

キッチンの扉の種類

キッチン扉をいざ交換しようと考えるものの、いろいろ種類があって何を選択していいか困ることがあります。まず、どのようなタイプの扉があるのかチェックしておきましょう。

化粧シート・カッティングシートタイプ

キッチン扉化粧シート

オレフィンシートや特殊強化紙にプリントしたシートを使用します。このシートは、パーティクルボード(PB)やミディアムデンシティファイバーボード(MDF)に貼り、扉らしく仕上げていきます。

パーティクルボード(PB)とは、木材を細かく切削しチップに接着剤を塗布、熱圧成形した木質のボードです。

ミディアムデンシティファイバーボード(MDF)は、木を繊維状に細かくして接着、熱圧成形を施した木質ボードです。この方法なら比較的安価でリフォームすることができます。

塗装タイプ

キッチン扉塗装

出典:https://www.asunaro-studio.com/blog/

塗装タイプには、UV塗装などがあります。UV塗装は、紫外線を照射し硬化した塗料を使い、工程短縮を行なうことができます。

耐薬品性に優れて、表面の硬度が高くなります。傷が付きにくく、高級感のある鏡面性を得ることができます。

天然木突き板(つきいた)タイプ

キッチン扉突板出典:http://85inc.jp/tsukiita/

突板は、天然の板を使い、薄くスライスしたものです。そのままでは摩擦に弱いので樹脂塗装を施します。

パーティクルボードやミディアムデンシティファイバーボードを使い、表面に貼り合わせて使用します。

扉の上に張り付けることができるので、交換するよりも安く扉のリフォームが可能です。本物の木を利用しているので、化粧シートよりも本物に近い仕上がりになります。

ステンレスタイプ

キッチン扉交換ステンレス

出典:https://www.itamage.com/case/kojin/

ステンレスはサビになりにくく、水に触れるシーンの多いキッチンで長期間清潔を維持することができます。お手入れも簡単で、水や汚れに強い特徴があります。

ステンレス鋼板に、色のあるアクリルやポリエステルなどの樹脂塗料を焼き付けて加工したものをカラーステンレスとして使用します。この方法なら豊富なカラーバリエーションを楽しむことができるでしょう。

ちなみにですが、キッチンに使用されるステンレスは、SUS304とSUS430です。

SUS304は18%程のクローム、8%程のニッケルを含む磁石のつかないステンレスのことになります。SUS430は、18%程のクロームを含んだ磁石のつくステンレスです。

ホーロータイプ

キッチン扉ホーロー

出典:https://house.tss-shop.com/products/

ホーローは、鉄などの金属にガラス質の釉薬を塗って、高温で焼きつけたものです。

金属とガラスのメリットを同時に持ち熱に強く、キズがつきにくいメリットがあります。更に油汚れやしつこいシミも拭くだけで落とすことができます。

交換ではなくシートを貼ると安くきれいになる

もっと安く費用を抑えたいという方におすすめは、交換ではなくシートを貼る方法です。扉が、薄汚れている程度であれば、交換まで考える必要はないかもしれません。

シートを貼りかえる費用は5~10万円

シートの貼り替えの場合、費用は 5万円~10万円程度です。

ただし、あくまでもシートの貼り替えは、表面が薄く汚れていてどうしようか迷っているような時です。

表面には傷や凹みが出来てしまっている場合や、膨張または変形してしまっている場合などは、きっぱり扉を交換してしまうことをおすすめします。

キッチンの扉の交換事例

既にキッチン扉を交換された方のそれぞれの例を確認しておきましょう。そこからいろいろイメージを膨らましてみてください。

おしゃれな色に扉を交換

キッチン扉交換事例

出典:toolbox

キッチンの扉を交換するだけで、このようにキッチンの見栄えを変えることができます。色がもたらす心理的な効果は思ったよりも大きいものです。

毎日使用する場所だから、よりカラーにもこだわりを持ちたいですね。一色に統一すればすっきりシンプルにすることができますが、様々な色を使えばオリジナルのキッチンに仕上げることができます。

木目調のものなら、いつまででも落ち着きのある環境を作り出してくれることでしょう。シックな黒は、男性にもとても人気です。

モダンでクールなイメージを演出することができます。黒をベースにすることができれば、その空間にいろいろな色が混じっても、調和を乱しにくいです。

I型キッチンの扉を交換

I型キッチンの扉交換

出典:http://annie-s.co.jp

キャビネットの扉に、天然の無垢材を使用し、樹種は以下のような種類があります。

  • アルダー
  • ビーチ
  • パイン
  • メープル
  • オーク
  • チェリー
  • ウォルナット
  • マホガニー

これらの中から選ぶことができます。

サーモフォイルドア(ミディアムデンシティファイバーボードに樹脂シートを熱処理で被膜)は、単色カラーや木目調、ハイグロスなどの種類があります。

さらに、ミディアムデンシティファイバーボードのドア芯材に下塗り、カラー塗装したものなどがあり、お好みの色で仕上げることが可能です。

新築マンションの扉を交換

新築マンションのキッチン扉交換

出典:http://annie-s.co.jp

新築マンションを購入したけど、備え付けのキッチンに満足していない方も多いですよね。建売やマンションの多くは、既に備え付けられてあるケースがほとんどなので自分自身で選べないですよね。

そのようなときは、キッチンの扉だけリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

それは手軽に理想の空間を実現出来る方法です。扉を交換するだけでも、まるで新品同様に生まれ変わったイメージにすることができます。

キッチンの扉交換の注意点

誰でも気軽なモチベーションで行うことができるキッチン扉の交換なのですが、特に以下のような事柄には注意をしてください。

意識しなければならないのは、費用面と見栄えの問題です。

まとめて交換する必要がある

1枚の扉だけに傷がある場合、出来れば1枚だけ交換出来ないものかと考えるでしょう。

しかし、実際に業者に相談すれば、システムキッチンの製造が既に終了してしまい、同じものを入手出来ないことがあります。

そのようなときは、どうしてもまとめて交換の発想になり、費用もアップしてしまうことになります。

キッチンを交換してしまうのもあり

いろいろ検討した結果、キッチン扉の交換よりも、システムキッチン自体を替えたほうがいいケースがあります。

仮に、同じ扉を見つけることができたとしても、他の扉が経年劣化し、新しいもの 1 枚交換するだけではバランスが違って見えることがあります。

さらに、キッチンの扉交換なら幾分リーズナブルなので質にこだわりを持つ方もいるでしょう。

しかしあまりにも高価格の扉を特注すれば、システムキッチン自体の交換とそれほど費用が変わらないこともあります。

キッチン扉の交換だけでできるだげ費用を抑えたいなら、妥協出来ることを明確にしておきましょう。

場合によっては、20 万円以上の費用になってしまうことがあるからです。

しかし扉を交換したとしても、ガスコンロやシンク、水栓など普段使う場所の機能はかわらないままです。そのような事態も考慮し、システムキッチン自体の交換も選択肢に含めて検討してみましょう。

床材や壁材とのバランスを気にする

キッチンの扉を交換すれば色あいが変わることでキッチンの印象は大きく変わります。

システムキッチン自体は新しくリフレッシュしてとてもいい感じだとしても 床材や壁材とあわせ総合的に見ればバランスが崩れてしまっていることがあります。

いろいろなカラーを選択するのはいいですが、キッチンの全体的見栄えはどうかということをしっかり考え決める必要があります。

せっかく扉の交換の決心をして挑んだというのに、「なんだかしっくりしない」、「システムキッチンだけ浮いている」という事態にならないようにしましょう。

必ず勢い任せにはせずに、カラーシュミレーションをよくチェックしてください。業者の方たちともよく話し合いをして決めるようにしましょう。

キッチンの扉交換の注意点

キッチン扉交換リフォーム

出典:http://www.infloor.co.jp/in/kittobira.html

キッチン扉の交換は、概ねリフォーム会社に依頼することになりますが、どのような業者に依頼すればいいかチェックポイントについてお伝えします。

いろいろなリフォーム会社がありますが、まずチェックしなければならないポイントは、キッチン扉の交換に対して豊富な実績を持っているかです。

公式ホームページや、インターネットの口コミ・評判などチェックしてみましょう。

更にわからないこと、疑問や不安があれば電話で問い合わせをしてみてください。担当者の態度があまり良くない、または相性が悪いと思えば、無理に依頼しないでも違う業者に依頼するのがポイントです。

相見積もりを取る

プランや価格を比較するためにも、相見積もりを取るようにしましょう。

相見積もりを3社以上から取ることによって、リフォーム会社同士を競争させることができ、それぞれの会社において適正価格を聞き出すことができます。

1社だけではなく、3社の価格や提案を比較して決めれば一番良い業者を選べますよね。キッチン扉を交換する際は、必ず相見積もりを取ってリフォームをするようにしてください。

一括見積もりサイトを利用する

もしも、1店ごとにリフォーム会社に見積もりをしようと思えば、2店あたりで、想像していたよりも時間がかかってしまい断念してしまうかもしれません。

実際に行って確認する作業をしていては交通費もかかり、結局最初に行ったお店に依頼してしまうケースはとても多いです。

最近ではインターネットがあるので、自宅にいながらお店をじっくり調査することができます。

さらに一括見積もりサイトを利用すれば、条件を入力してクリック1つで、業者の比較をしてもらうことができます。

その方法なら一番理想に近い業者をスピーディーに見つけだすことができます。こちらからリフォーム会社に行くよりも、実際に家に来てもらったほうが楽ですよね。

まとめ

システムキッチンをまるごと交換するよりも、キッチン扉を交換することは、はるかに手軽でリーズナブルに実現することができます。是非この記事を参考にしてはじめてみてはいかがでしょうか。

キッチンは、主婦(主夫)たちのいつも関わる仕事場です。

新しい雰囲気をキッチン扉の交換で演出することができれば、格段能率もアップさせることができます。おしゃれなデザインの扉にリフォームして、気分を変えてみましょう。

キッチンリフォームを100万円も安くする裏技

キッチンのリフォームは、100万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いキッチンのリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のキッチンのリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

100万円以上安くキッチンのリフォームをお得にする方法はこちら

関連記事

キッチンの水栓交換ホームセンター

キッチンの水栓交換をホームセンターに頼む前に知っておきたいこと

ガスコンロキッチンリフォーム

キッチンリフォーム:ビルトインガスコンロの選び方や相場、おすすめは?

NO IMAGE

キッチンの増設・増築リフォームの注意点:2階に増設する費用やポイント

キッチン50万円リフォーム

キッチンリフォームの費用を50万円以下にしたい!安くキッチンのリフォームをする方...

キッチンのリフォーム10万円

キッチンのリフォームを10万円以下でしたい!低予算のリフォーム

システムキッチンリフォーム

システムキッチンリフォーム費用や相場:工事の種類や事例