キッチンリフォームの費用や相場:見積もりや価格を抑える秘訣

キッチンリフォーム費用

キッチンのリフォームを行う上で、多くの方が気にするのが費用や価格ではないでしょうか。

キッチンのリフォームは、数百万円単位の金額になり、工事の規模が大規模なものになると想像できるからです。

ただ、キッチンのリフォームは、ほとんどの方が初めての工事になるため、正確な金額や値段がわかりません。

たとえ、見積もりを出してもらったとしても、それが適正金額なのかも判断できないのではないでしょうか。

なるべく、良心的な価格や適性価格で工事を行いたいものです。

そこで本記事では、キッチンのリフォームを行う上で、気になる費用や相場の知識や価格を抑えるポイントなどを紹介します。キッチンのリフォームをより満足のいくものにしましょう。

1.キッチンリフォーム費用と相場

キッチンのリフォームは、既存のものを撤去したり配管を移動したりするため、工事が大規模になります。したがって、費用は100~200万円が中心価格です。

おおよそ、この金額を目安にすると、キッチンのリフォームを行う上で参考になるはずです。

ただし、リフォームは仕様や施工業者によって費用が異なるため、「一概にこの値段」ということができません。あくまでも目安程度にしてください。

1-1.キッチンリフォームの費用の割合

キッチンリフォーム割合

前述の通り、キッチンをリフォームする際にかかる価格帯の割合は、100~200万円が主な価格帯になります。このとき、そのほかの割合は以下の通りです。

  • 30万円以下:13%
  • 31~100以下23%
  • 101~150万円:33%
  • 150万円以上31%

30万円以下のリフォームは、簡単に部品を交換するようなものがほとんどです。たとえば、ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換する工事などになります。

一方、100万円を超える場合、キッチンそのものを新しいものに入れ替えるリフォームなどです。

このとき、壁付きキッチンを対面キッチン(リビングを向いているキッチン)にするリフォームだと、配線の移動、壁や床の補修します。そのため、費用は高額になる可能性が高くなります。

したがって、200万円前後を想定しておくと良いでしょう。

2.予算別のキッチンリフォーム

キッチンのリフォームは、コンロを交換する簡単なものもあれば、システムキッチンそのものを新しくする工事まであります。

そのため、30万円にも満たないものもあれば、200万円を超えてしまうような大規模な工事までさまざまです。

ただ、具体的にいくらぐらいの予算があれば、どの程度の工事が行えるのかわかる方は少ないです。そこで以下では、金額別のリフォームの内容を紹介していきます。

おおよその金額と内容がわかれば、あなたが行いたいリフォームにおける予算の目安が付くのではないでしょうか。

2-1.~30万円の費用

ガスコンロIhリフォーム

30万円以下で行えるキッチンのリフォームは、小規模なものになります。たとえば、先ほど述べたようなガスコンロをIHコンロにしたりオーブンを取り付けたりする工事です。

手軽に行えますが、十分に機能性を向上させられます。積極的にリフォームして効率よく料理ができるようにしましょう。

2-2.31~100万円の費用

キッチンリフォーム

31~100万円のリフォームは、キッチンの場所は据え置きで、古いものを新しいものに交換する工事が多いです。

主な内訳としては、キッチンの値段と施工費用になります。このとき、グレードや仕様によって金額は変化するため、キッチンそのものの値段と施工費用のバランスを考慮して、予算を決めるようにしてください。

2-3.100~150万円の費用

キッチンリフォーム

100~150万円の費用は、キッチンのリフォームの中心価格帯です。

主な内容としては、先ほど説明したキッチンの入れ替えで100万円に収まらなかった場合や、さらに収納スペースを別途取り付けるなどの付加価値を加えるリフォームになります。

キッチンは、家事の中でも作業時間が長いため、使いにくいと不便です。

そこで、収納スペースを新たに設けたり、食器洗い機がついているものにしたりすると家事がとても楽になります。

特に、共働きの家庭の場合、仕事が終わってからの家事はとても重労働です。帰宅後に晩御飯の支度やその後の後片付けの効率が悪いと、ゆっくりしている時間はあまりとれないのではないでしょうか。

キッチンを高機能のものにして、少しでも生活の負担を少なくするようにし、時間の余裕を確保しましょう。

2-4.150万円以上の費用

キッチン費用

キッチンは、システムキッチンの入れ替えなどの場合、大規模な工事になりやすいです。

先ほど述べたように、壁付キッチンを対面キッチンにするリフォームの場合、費用が高額になります。配管の移動や壁や床を補修する必要があるからです。

また、対面キッチンは、シンプルな壁付キッチンなどに比べると商品そのものの値段も高くなります。

ただ、とてもおしゃれで機能性に優れているものになるため、今後の生活を考えると決して高い金額ではありません。

高額な買い物だからこそ、値段の安さで決めるのではなく、機能性などを考慮してプランを決めるようにしましょう。それが、満足のいくリフォームになるからです。

3.種類別によるリフォーム費用の違い

キッチンのリフォームは、内容だけではなく、種類によっても費用は変わってきます。その種類は、以下の5種類です。

  • アイランドキッチン
  • ペニンシュラキッチン
  • クローズドキッチン(壁付キッチン)
  • I型キッチン
  • Ⅱ型キッチン(セパレートキッチン)
  • L型キッチン

それぞれ特徴や費用は変わってくるため、順番に金額の目安を紹介していきます。

3-1.アイランドキッチンの費用

アイランドキッチン

出典:LIXIL

アイランドキッチンは、四方が壁に面していないキッチンです。その形が海に浮かぶ「島」を連想させることから、アイランドキッチンと呼ばれます。

おしゃれなデザインが多くとても人気なキッチンになります。ただ、値段は高くなりやすいです。キッチンそのものの値段が高いことや、工事が大規模になりやすいからです。そのため、予算のバランスに注意してください。

金額の目安は、150~200万円以上を目安にするようにしてください。

3-1-1.アイランドキッチンの特徴

アイランドキッチンは、リビングに向かって料理が行えます。そのため、家族とコミュニケーションを取りながらの家事が可能です。

壁付キッチンの場合、壁に向かって調理をするため、どうしても寂しくなりがちです。しかし、対面キッチンであれば、家族と会話しながら後片付けが行えます。

家族のだんらんを楽しみながら、毎日料理を作りましょう。

3-2.ペニンシュラキッチンの費用

オープン対面キッチンペニシュラ

出典:LIXIL

ペニンシュラキッチンは、左右のどちらかが壁に面しているキッチンのことです。そのため、「半島」という意味がある「ペニンシュラ」と呼ばれます。このキッチンもアイランドキッチン同様に、対面キッチンになります。

ペニンシュラキッチンに関しても、キッチンの移動をするケースが多く、アイランドキッチン同様に工事が大規模なものになりやすいです。そのため、150~200万円以上を目安にしておくと良いでしょう。

3-2-1.ペニンシュラキッチンの特徴

ペニンシュラキッチンは、対面キッチンになるため、コミュニケーションを取りながら家事が行えます。

また、アイランドキッチンは、調理台の上だけしか換気扇を設置できません。そのため、煙や臭いがリビングに広がりやすいデメリットがありました。

しかし、ペニンシュラキッチンの場合、壁に面しているため、選べる換気扇の種類が豊富です。これにより、臭いや煙がリビングに広がるのを防げます。

アイランドキッチンに比べると開放感は衰えるものも、臭いがリビングに広がってしまうなどデメリットがありません。対面キッチンの中でも、実用性に優れたキッチンになります。

3-3.クローズドキッチン(壁付キッチン)の費用

壁付:クローズキッチン

出典:LIXIL

クローズドキッチンは、壁に面しているキッチンになります。リフォームにおいて、配管の位置や壁や床などを補修することがほとんどありません。そのため、対面キッチンに比べて費用を抑えられる特徴があります。

仕様やグレードによっても値段は異なりますが、70~150万円程度を目安にしておくと良いでしょう。

3-3-1.クローズドキッチンの特徴

クローズドキッチンは、壁に向かって調理を行えます。これにより、料理に集中することができるため、家事が忙しい方にはお勧めです。クローズキッチンであれば、集中して調理ができます。

特に、家族が大勢いる場合、料理を作る量は多くなるため、集中して作りたいものではないでしょうか。

3-4.I型キッチンの費用

I型対面キッチン

出典:Panasonic

I型キッチンは、一直線上の形状をしているキッチンになります。その形状が、アルファベットの「Iの字」に似ていることから、そう呼ばれます。シンプルな形状のキッチンなるため、リフォームはスムーズです。

キッチンには、そのほかにも後述するⅡ型キッチンやL型キッチンがありますが、これらに比べても費用が抑えられます。費用は、100万円前後を目安にしてください。

3-4-1.I型キッチンの特徴

I型キッチンは、シンプルな形状になるため、間取りを選ばずリフォームが行えます。あなたの好みの仕様やプランに合わせることが可能です。

たとえば、そのほかの形状のキッチンの場合、最低限のスペースを確保できないとリフォームを行うことができません。しかし、I型キッチンであれば、ほとんどの場合でもリフォームが可能です。

つまり、場所や形を選ばずにリフォームできます。元々ある台所が狭い場合などは、I型キッチンのリフォームにするとコンパクトなキッチンになります。

3-5.Ⅱ型キッチン(セパレートキッチン)の費用

アイランドキッチン

出典:Panasonic

Ⅱ型キッチンは、コンロとシンクが別々に分かれている形状のキッチンのことです。Iの字が二つ並んでいるように見えることから、Ⅱ型キッチンと呼ばれます。なお、それぞれが分かれていることから、「セパレートキッチン」とも呼ばれます。

壁付キッチンからセパレートキッチンにリフォームする場合、分かれる部分のキッチンを増やす必要があります。

その分、費用は高くなるでしょう。したがって、150~200万円以上を予算の目安にしておくと良いです。

3-5-1.Ⅱ型キッチンの特徴

Ⅱ型キッチンは、コンロとシンクが別々に分かれているため、それぞれの横に広い作業スペースが確保できます。これにより、広々と料理を作ることが可能です。

たとえば、片方で盛り付けを行ったり、もう一方で食材を切ったりできます。

コンロ側とシンク側で作業を分担できるため、夫婦で一緒に晩御飯の支度をしてみてはいかがでしょうか。きっと楽しくおいしい料理になるはずです。

3-6.L型キッチンの費用

L型ペニシュラ

出典:LIXIL

L型キッチンは、形状が「Lの字」のように曲がっているキッチンのことを指します。I型キッチンに比べて施工するスペースが広いため、施工費用はI型に比べると高くなる可能性があります。

仕様や既存の間取りにもよりますが、施工費用の目安は、100~200万円以上です。

3-6-1.L型キッチンの特徴

L型キッチンは、L字になっている分、広い作業スペースを確保できます。これにより、効率よく家事が行えます。L型にすることによって、コンパクトで広いキッチンにできるのです。

また、体を90°横に向けるだけでシンクとコンロの移動が可能になります。今の台所が狭い場合で、「台所の大きさはそのままで広いキッチンにリフォームしたい」という方にお勧めです。

4.キッチンリフォームの見積もり費用のポイント

これからキッチンのリフォームの適正価格を見極めるためには、見積書を確認しなければいけません。これを怠ると、金額や工事内容が適切なものなのか判断できないからです。

このとき、多くの方が犯しがちな間違いがあります。それは「価格だけを確認して判断してしまう」ことです。価格だけで判断してしまうと、業者や工事内容の良し悪しを判断できません。

見積書の金額だけでは、工事の内容や業者の質を判断することは不可能なのです。

なぜなら、キッチンのリフォームの価格には、「定価」というものが存在しないからです。必要な材料を省略したり手間を省いたりすることで、いくらでも安くすることができます。

その結果、「値段は安かったが工事の質は最悪なものだった」ということになりかねません。

そこで、以下ではキッチンリフォームの見積書のチェックのポイントを紹介します。見積書のポイントから、工事の内容が適切なものなのかを判断するようにしましょう。

キッチンリフォーム費用見積書

この見積書の場合、気にしなければいけない項目は、以下の9つです。

  1. 日付
  2. 期限
  3. 住所
  4. 押印
  5. 単価
  6. 品番
  7. 数量
  8. 諸経費
  9. 合計金額

見積書を作成してもらった際は、必ずこの項目を確認するようにしてください。それでは、順番に解説していきます。

4-1.日付を確認する

見積書を作成してもらったのであれば、作成年月日を確認するようにしてください。いつの見積書なのかを判断することができるからです。

複数社見積もりを作成してもらった場合、いつどこの業者の見積もりなのかを日付から思い出すことができます。

また、再度見積書を作成してもらった際は、業者名や内容はほとんど一緒です。その場合、新しいほうが最新の見積もりになります。

同じ業者に2回見積書を作成してもらった場合、内容はほとんど変わらないため、どちらが正しいものなのかわかりにくいものです。作成年月日を確認して、正しいほうを判断してください。そうすれば、見積書を間違えるのを防ぐことができます。

4-2.期限がいつまでなのか確認する

見積書には、有効期限が設けてあるケースが多いです。そのため、有効期限内に判断する必要があります。これを過ぎると、見積書の金額が変わってしまうことがあるからです。

また、有効期限が極端に短く設定してある場合は、注意するようにしてください。悪徳業者の場合、あえて有効期限を1週間などに短く設定して、契約を急がせるケースがあります。

キッチンのリフォームの費用は、100万円を超える高額なものです。そのため、急いで契約をする必要はありません。必ず納得した上で、契約をするようにしてください。

特に、リフォームはトラブル産業と呼ばれるほどトラブルが多いのが現状です。悪徳業者に工事を依頼してしまったことで、せっかくのリフォームが台無しにならないように注意してください。

4-3.住所を確認する

見積書には、見積もりを作成した会社の住所が記載されています。見積もりを取ってもらった会社の住所が、どこのものなのかを確認するようにしましょう。

たとえば、地元の業者に依頼したのにもかかわらず、住所が東京都などの場合、注意する必要があります。何か問題があった場合、業者とのやり取りで東京都まで行かなくてはならなくなる可能性があるからです。

そのリスクを無くすためには、必ず住所をチェックしてください。

4-4.押印があるかどうか

リフォームの際、押印があるかどうかを必ず確認しましょう。後々のトラブルを避けるポイントになります。基本的に、押印がないものは正式な書類として認められない可能性があります。

万が一、押印がなかった場合は、業者に問い合わせてみるようにしてください。もしかすると、押印を忘れている可能性があります。

見積書は、リフォームの金額を決めるとても重要なものです。そのため、必ず押印がないなどの不備がないように確認してください。

4-5.適切な単価なのか確認する

見積書を比較する場合、必ず「単価」を確認するようにしてください。単価を基準にすることで、適正な価格なのかを判断できるからです。

複数社見積もりを取った場合、単価を比較すれば、その業者の値段が高いのか低いのかがわかります。同じ商品や内容にもかかわらず、単価が極端に異なるのであれば、業者に確認するようにしてください。

単価をチェックすることで、適正価格なのかを客観的に判断できます。

4-6.品番が記載されているか

キッチンのリフォームを行う際、キッチンの品番や商品名が記載されているか必ず確認しましょう。品番が記載されていない場合、商品を確認したり問い合わせしたりできないからです。

たとえば、最新式のモデルだと言っていたのにも関わらず、型落ちのものだったとしても品番がわからなければ確認できません。

同じメーカーのものでも似たような商品はたくさんあるため、必ず品番がわかる内容の見積書を作成してもらうようにしてください。

4-7.数量は適切なのか

見積書には必ず数量が記載されています。たとえば、床を工事する場合、その面積を㎡で記載してあります。

見積書の費用を確認する際は、必ずこの数値が適切なものなのかを確認するようにしてください。よくあるのが、単価は安いけれど数量が多い場合です。たとえば、以下の2つを比較してみてください。

  • 1,000円(単価) × 50㎡(数量) = 50,000円(合計金額)
  • 800円(単価) × 70㎡(数量) = 56,000円(合計金額)

単価を安くして数量を増やすと、値段が安くなったように感じます。しかし、合計金額は高くなります。数量は、業者によって計算方法が異なるため、必ず同じになるわけではありません。また、素人では適切な広さなのか確認することは難しいでしょう。

そこで、単価は誰でも比較することができるため、単価を意図的に低くして安く見えるようにするのです。実際に、このような方法で契約を取る業者がいます。したがって、見積書を確認する際は、数量が適切なのかを確認しましょう。

4-8.諸経費は適切な価格か

見積書に必ず「諸経費」という項目が記載されています。また、施工会社によっては、「管理費」「その他の経費」と記載してあります。

一般的に、施工費用の10~15%のケースが多いです。

ただ、ざっくりとしているのにもかかわらず、ほとんどの場合が10万円以上の金額になります。お客様からすれば、何の費用なのかわかりにくいものです。

これは、交通費や通信費などというように、その工事を行う上でかかる細かいお金のことになります。たとえば、高速道路の料金、無料の駐車場がない場合の駐車料金などです。

このように、キッチンのリフォームにかかった諸経費が、見積書に記載してあるということを覚えておきましょう。

ただ、注意しなければならないのが、「諸経費が高い」からといって必ずしも悪徳業者だというわけではありません。先ほど述べたように、リフォームの費用には、定価という概念が存在しません。

そのため、いくらでも諸経費を低くして、ほかの部分の金額を割り増しすることができるからです。

これからわかるように、諸経費の金額だけで業者の良し悪しを決めないようにしましょう。

4-9.合計金額は正しいか

見積書を作成してもらったのであれば、必ず合計金額を確認するようにしてください。各項目の金額と合計金額が間違っている可能性があるからです。

また、再度見積もりを作成してもらった場合も要注意になります。「項目やその金額は変わっていても、合計金額はそのまま」ということがあり得るからです。

いくら優良業者といえど、100%正確なわけではありません。提示されている金額が正しいと決めつけるのではなく、念のためにあなた自身も確認するようにしてください。

5.キッチンリフォームの費用を抑えるポイント

キッチンのリフォームは、水回りのリフォームの中でも高額になります。火や水、電気などを使うため、工事が複雑だからです。また、キッチンを移動させる場合、大規模な工事になります。

このとき、「できるだけ安くすることはできないのか」と思う方はいるのではないでしょうか。

キッチンのリフォームは、ポイントを抑えると値段を抑えることができます。そこでここでは、キッチンのリフォームの費用を抑えるポイントを紹介します。

ただし、ここで紹介するのは、あくまでも無駄を無くして費用を抑えるポイントです。「安かろう悪かろう」という言葉がある通り、とにかく値段を下げると工事の質が落ちてしまうため、それとは異なることをご了承ください。

5-1.まとめて行うと金額を抑えられる

水回りのリフォームは、まとめて行うと金額を抑えることができます。水回りは、配管などが集中しているため、同時に行うと手間暇や材料費が抑えられるのです。

たとえば、排水工事を行う際、まとめて行えば工事は1回で済んでしまいます。しかし、それぞれ別々に行うと、2回工事を行わなければいけないため、人件費や材料費などが倍になってしまうのです。

今後、キッチンのリフォーム以外にお風呂や洗面所などの改修工事を行う予定があるのならば、同時に行いましょう。

5-2.大手ハウスメーカーは高額な仲介手数料が発生する

大手ハウスメーカーは、高額な仲介手数料(30~40%)を抜いて、下請け業者(地域の工務店)に丸投げします。つまり、利益を確保した上で、実際に施工する業者に後の工事をすべて行ってもらうのです。

大手ハウスメーカー仲介手数料

たとえば、キッチンのリフォームの費用を200万円だと仮定した場合、以下のようになります。

200万円(施工費用) × 0.4(仲介手数料の割合) = 80万円(仲介手数料)

つまり、あなたが200万円でキッチンのリフォームを依頼したのにも関わらず、実際に工事に使われる金額はそのうち120万円になるのです。

ただ、大手ハウスメーカーではなく、直接施工する業者に工事を依頼したのであればどうでしょうか。30万円安くして、170万円の金額で工事を行ったとしても、工事に使われる金額は50万円も高くなるのです。

つまり、大手ハウスメーカーに工事を依頼しないだけで無駄な値段を抑えられた上に、工事の質も高くなります。

もし、キッチンのリフォームを依頼するのであれば、大手ハウスメーカーに依頼するのではなく、地域密着型の優良工務店に工事を依頼するようにしてください。

5-3.あらかじめ予算を伝えてプランニングする

キッチンのリフォームを行う際、あらかじめ予算の上限を伝えておくと、その範囲内でプランを決めてくれます。キッチンのグレードを良いものや、高機能なものを選んでしまうと値段は高くなりがちです。

このとき、あらかじめ上限を設けておけば、高くなりすぎることを防げます。

最新のモデルはデザイン性や機能性に優れているため、ついつい高いものを選んでしまうのもわからなくありません。しかし、予算が高くなると、その分家庭の負担になるため、バランスを考えた上で予算を決めると良いです。

5-4.一つ前のモデルを選ぶと安くなる

キッチンを販売しているメーカーはたくさんあります。たとえば、PanasonicやLIXILです。ただ、ブランド物の最新式のモデルにすると費用は高くなりがちです。

そこで、一つ前のモデルにすると費用を抑えられます。去年のタイプであったとしても、十分に機能性などは優れています。予算を抑えるためには、一つ前のモデルなどを選ぶようにしましょう。

5-5.ブランドものではないものを選ぶ

キッチンのリフォームを行う際、PanasonicやLIXILなどの有名なメーカーではないものを選ぶと、その分費用を抑えられます。

ブランドものではなくても、機能性に優れた質の良い商品はたくさんあります。予算を抑えたいのであれば、メーカー品ではないものを選ぶのも1つの方法です。

キッチンを販売しているメーカーは、いろいろあるため、ブランドものではないものを検討してみましょう。

5-6.見積もり金額を上げる要因を考える

キッチンのリフォームの見積もりを取った際、「高い」と思うことはよくあります。ついついいろいろな機能や、グレードの良いものを選んでしまう傾向があるからです。

その場合、見積金額を大きく上げている要因を考えましょう。

今一度、キッチンのグレードやオプションなどを確かめてください。食器洗い機が内蔵していることで高くなってしまったり、シンクや作業台の素材をいいものを選んだりしている可能性があるからです。

まとめ

キッチンのリフォームの費用について紹介してきました。キッチンの種類やリフォームの内容によって、いくらぐらいかかるのかを把握できたのではないでしょうか。

キッチンのリフォームは値段が高額になりがちです。

ただ、少しポイントを抑えるだけで、工事の質を保ちながら値段を抑えることができます。そのため、見積書やリフォームの内容を確認して無駄のないようなプランにしましょう。

しかし、値段ばかりを気にするのはお勧めできません。最も重要な、工事の質や内容が低くなってしまうからです。

数百万円単位の買い物だからこそ、妥協ぜず納得のいくリフォームを行う必要があります。素敵なキッチンにリフォームするために、値段ばかりを気にするのではなく、工事の質や内容を求めるようにしてください。

それが、リフォームを成功させるコツになり、家族が幸せになるキッチンの最も重要なポイントです。

キッチンリフォームを100万円も安くする裏技

キッチンのリフォームは、100万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いキッチンのリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のキッチンのリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

100万円以上安くキッチンのリフォームをお得にする方法はこちら

関連記事

キッチンリフォーム費用格安

キッチンのリフォームを格安・激安でする裏技:安くする方法

キッチンの水栓交換ホームセンター

キッチンの水栓交換をホームセンターに頼む前に知っておきたいこと

キッチンリフォーム工事費

システムキッチンのリフォームは工事費込みの価格・相場で比較する

キッチン床リフォーム

キッチンの床のリフォーム:費用やフローリングの張り替えのポイント

キッチン扉交換リフォーム

キッチンの扉交換費用や事例を紹介:おしゃれな扉に大変身!

換気扇・レンジフード交換

キッチンの換気扇・レンジフードの交換・リフォーム費用やおすすめ