キッチンのリフォームを格安・激安でする裏技:安くする方法

キッチンリフォーム費用格安

キッチンのリフォームをする際、格安で行う方法があります。キッチンのリフォームを抑えるコツがあるからです。

また、キッチンのリフォーム費用は定価がありません。キッチンのリフォーム費用は、キッチンの価格と施工費用を合わせたものになるため、同じキッチンでリフォームしても業者によって価格は異なります。

同じキッチンのリフォームであれば、安くリフォームしたいですよね。

本記事では、キッチンのリフォームを格安でする方法をご紹介します。これからキッチンのリフォームを行う方は、これから紹介する方法でお得にリフォームしましょう。

キッチンのリフォーム相場や価格:50~200万円以上

キッチンのリフォーム費用は、おおよそ50~200万円以上です。コンロを交換する小規模のものもあれば、キッチンそのものを交換する大規模なものまでさまざまです。

キッチンのリフォーム別の種類をご紹介しましょう。

【50万円以下】小規模のキッチンリフォーム

小規模であれば、50万円以下の費用ですみます。また、キッチンのリフォームの工期も数日で終わります。それでは、小規模のリフォームをご紹介していきましょう。

レンジフードの交換工事:8万円

レンジフード価格

出典:価格ドットコム

レンジフードの交換リフォームになります。小規模のリフォームになり、価格も8万円です。

キッチンカウンター造作:33万円

キッチン台の増設

出典:価格ドットコム

キッチンに新たにカウンターを増設するリフォームです。今までなかったところにカウンターを設置する工事です。費用は33万円になります。

【50万円~100万円以下】のキッチンリフォーム

中規模のキッチンリフォームをご紹介します。キッチンの改装やキッチンを交換するリフォームがこの価格帯です。

キッチン改装工事:78万円

キッチン改装リフォーム

出典:価格ドットコム

キッチンの改装リフォームです。ガスコンロから流行りのIHクッキングヒーターにしたり、カウンターを設置したりするリフォームです。

費用は78万円になります。

古いキッチンをシステムキッチンに交換:79万円

キッチン交換リフォーム

出典:価格ドットコム

古いキッチンをシステムキッチンに交換するリフォームです。

キッチンをそのまま交換するリフォームになります。キッチンを交換するだけなので、工期は3日程です。

【100万円以上】のキッチンのリフォーム

キッチンのリフォームは、大規模になると100万円以上の費用になります。また、リフォームの内容によっては、200万円や300万円を超える恐れもあります。

キッチンの交換や移動を検討している方は、値段が高くなりすぎないように注意しましょう。

システムキッチンのリフォーム:100万円

システムキッチンリフォーム

出典:価格ドットコム

対面式キッチンのリフォームです。対面式キッチンは、リビングに向かって作業をするため、コミュニケーションが取れるキッチンです。

人気のキッチンですが、リフォーム費用が高くなる恐れがあるので注意しましょう。

キッチン改装リフォーム:218万円

キッチン改装リフォーム200万円

出典:価格ドットコム

キッチン全体をリフォームした事例です。キッチンの交換やカウンターの設置など、大規模なリフォームです。価格は、218万円になります。

キッチンそのものの交換だけではなく、キッチン全体をリフォームすると200万円を超えることは珍しくありません。注意しましょう。

特に、壁付キッチン(壁に向いて調理するキッチン)から対面式キッチンに移動する場合は、費用が高くなりやすいです。予算とのバランスを考えてリフォームプランを考えましょう。

キッチンリフォームを格安・激安にする方法

キッチンのリフォーム費用を格安にする方法をご紹介します。キッチンのリフォームを抑えるためには、以下のポイントに注意してください。

  • キッチンの位置を移動しない
  • キッチンのグレードを下げる
  • 有名メーカーは避ける
  • アウトレット商品がおすすめ
  • キャンペーン・セールを利用する
  • 大手ハウスメーカーには依頼しない
  • 一部を自分で行う【DIY】
  • シンプルなものを選ぶ

これらのポイントに注意してキッチンのリフォームをしましょう。それでは、具体的にそれぞれのポイントを解説していきます。

キッチンの位置を移動しない

先ほどお伝えしたように、キッチンは移動すると高くなります。排水管の移動や床や壁紙の交換など、キッチンだけではなく台所全体をリフォームするからです。工事の規模が大規模になります。

200万円を超えることも珍しくありません。

費用はどうしても高くなるので、値段を抑えたい方は、キッチンを移動しないリフォームプランを考えましょう。

キッチンのグレードを下げる

キッチンにはグレードがあります。高いグレードもあれば、安いグレードのキッチンがあります。値段を安くしたいのであれば、安いグレードのキッチンにしましょう。

以下は、ニトリのキッチンですが、同じキッチンでもグレードによって値段は大きく変わってきます。

高いグレードのキッチン:399,000円

ニトリシステムキッチン

安いグレードのキッチン:159,000円

ニトリシステムキッチン費用

同じニトリのキッチンでも高いグレードは、約40万円になりグレードの低いキッチンは、約16万円です。

キッチン本体だけでも倍以上の値段がします。キッチンのリフォーム費用を格安で行いたい場合は、キッチンのグレードは低いものを選びましょう。

有名メーカーは避ける

キッチンは、「LIXIL(リクシル)」「Panasonic」「TOTO」といった一流メーカーがあります。

これらの有名メーカーはキッチンの費用が高いです。そのため、価格を抑えたいのであれば、これらの有名メーカーではなく安いキッチンメーカーがおすすめです。

同じ機能のキッチンでもメーカーによって値段は変わります。特にブランドにこだわりがないのであれば、安いメーカーのキッチンを選びましょう。

アウトレット商品がおすすめ

キッチンには、アウトレット商品があります。格安でキッチンリフォームをしたい場合は、アウトレット商品を選ぶのも1つの方法です。

新品ですが、傷がついたり少し凹んでいたりするだけで価格や安くなります。機能的には問題がないので、格安でリフォームしたい方は、アウトレット商品を利用しましょう。

アウトレット商品については、リフォーム会社に相談するのがおすすめです。

キャンペーン・セールを利用する

キッチンのリフォームの価格を安くする場合、キャンペーン・セールがおすすめです。期間限定でキッチン購入費用が安くなります。

こういったセールを利用すると通常よりも安くキッチンを購入できます。キャンペーンやセールをしているリフォーム業者がいたら、その業者にリフォームを頼んでみましょう。

大手ハウスメーカーには依頼しない

大手ハウスメーカーは、広告費や人件費がかかっているため、地域の工務店よりも費用が割高になる恐れがあります。

大手ハウスメーカー仲介手数料

リフォームをする際は、大手ハウスメーカーではなく地域のリフォーム会社がおすすめです。

また、相見積もり(複数社に見積もりを依頼すること)を取ると両方の価格を比較できるので、確実に安い業者でリフォームできます。

一部を自分で行う【DIY】

キッチンのリフォームをDIY(ディーアイワイ:日曜大工)すると人件費を安くできます。

ただ、すべてをDIYするのは難しいため、排水やガスなどは業者に任せるようにしてください。DIYが好きな方は、自分自身でキッチンをリフォームすると安くリフォームできます。

「自分自身でリフォームしてみたい」という方は、自分自身でリフォームしてみてはいかがでしょうか。

シンプルなものを選ぶ

キッチンは、シンプルなものにすると安くなります。人工大理石のものやIHクッキングヒーターなどの高いグレードではなく、一般的なグレードのガスコンロにすると安くリフォームできます。

同じグレードでもこだわると値段は高くなるため、できるだけシンプルなキッチンにしましょう。

キッチンのリフォームを格安にする業者選び

キッチンのリフォーム費用を安くするためには、業者選びが重要です。業者選びによって、キッチンの値段は大きく変化するからです。

同じキッチンのリフォームであれば、安くリフォームしたいですよね。

キッチンのリフォームが得意な業者を選ぶ

キッチンのリフォームをする際は、キッチンのリフォームが得意な会社を選びましょう。水回りを得意としているリフォーム業者がいるため、キッチンのリフォームが安い可能性があります。

大手ハウスメーカーのように、家を建てたりリフォームしたり何でもできる会社よりも専門店のほうが安くリフォームできます。

また、キッチンの品揃えなども豊富なので、キッチンのリフォームを検討しているのであれば、必ずキッチンのリフォームを得意としている会社に相談するようにしてください。

相見積もり(あいみつもり)を取る

キッチンリフォームする際は、相見積もりを取るようにしてください。価格を比較できるため、簡単に安い業者を選べるからです。

相見積もりとは、複数社に見積もりを依頼して価格を比較することです。複数社の価格を比較できるので、確実に安い業者を選ぶことができます。

たとえば、以下は1社だけに見積もりを依頼した場合です。

  • A社:150万円

これでは、150万円という価格が安いのか高いのか判断できません。しかし、以下のように複数社に見積もりを依頼すればいかがでしょうか。

  • A社:150万円
  • B社:110万円
  • C社:100万円

このように、3社に見積もりを依頼すれば確実に安い業者でキッチンのリフォームができます。

また、キッチンのリフォームは業者によって価格が異なります。施工費用は定価がなく、言い値だからです。だからこそ、見積もりを比較して安い業者を選ぶようにしてください。

業者を比較して安い業者を選べばいいので、誰でも簡単に安くキッチンのリフォームができますよね。

一括見積もりサイトを利用する

一括見積もりサイトを利用しましょう。一括見積もりサイトは、1度の入力で複数社に見積もりを依頼できます。

たとえば、3社に見積もりを依頼する場合、通常であれば1社ごと個人情報を入力しなければいけません。

つまり、3社に見積もりを依頼する場合は、3回入力します。

しかし、一括見積もりサービスであれば、1度の入力で3社に見積もり依頼ができるのでとても簡単ですよね。キッチンのリフォームを安くするためには、必ず一括見積もりサイトを利用しましょう。

まとめ

キッチンのリフォームは、安くできます。今一度安くするポイントをおさらいしましょう。

  • キッチンの位置を移動しない
  • キッチンのグレードを下げる
  • 有名メーカーは避ける
  • アウトレット商品がおすすめ
  • キャンペーン・セールを利用する
  • 大手ハウスメーカーには依頼しない
  • 一部を自分で行う【DIY】
  • シンプルなものを選ぶ

安くキッチンのリフォームをしたい場合は、これらを意識するようにしてください。そうすれば、簡単に値段は安くなります。

また、キッチンのリフォームは、リフォーム会社選びも重要です。キッチンのリフォームが得意な業者や相見積もりなどを行い、安い業者を選ぶようにしてください。

キッチンリフォームを100万円も安くする裏技

キッチンのリフォームは、100万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いキッチンのリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のキッチンのリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

100万円以上安くキッチンのリフォームをお得にする方法はこちら

関連記事

キッチン床リフォーム

キッチンの床のリフォーム:費用やフローリングの張り替えのポイント

キッチン扉交換リフォーム

キッチンの扉交換費用や事例を紹介:おしゃれな扉に大変身!

キッチンリフォーム費用

キッチンリフォームの費用や相場:見積もりや価格を抑える秘訣

キッチンの水栓交換ホームセンター

キッチンの水栓交換をホームセンターに頼む前に知っておきたいこと

ニトリキッチンリフォーム費用

ニトリのキッチンリフォーム費用はいくら?施工金額や評判・口コミ

キッチンのリフォーム10万円

キッチンのリフォームを10万円以下でしたい!低予算のリフォーム