パーティーキッチン!アイランドキッチンの特徴やリフォームのコツ

アイランドキッチン

新しく住宅を建てる際に検討するものとして、「キッチン」が挙げられます。キッチンにはいろいろな種類があり、その中の1つとして「アイランドキッチン(アイランド型キッチン)」というものがあります。

自宅のキッチンをアイランドキッチンにすることを検討する場合、どのようなことを考えるべきなのでしょうか。またアイランドキッチンには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回は、「アイランドキッチンのメリットとデメリット」と「アイランドキッチンを選んでも後悔しないコツ」について、それぞれ解説していきます。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチン(アイランド型キッチン)とは、「壁と接しておらず、室内において島のように存在しているキッチン」のことを指します。

アイランドキッチンはオシャレな外観から人気が高いキッチンです。ただし、費用はほかのキッチンに比べると高くなる傾向があります。壁と面していないことから工事が大規模になりやすいためです。

ただ、人気のアイランドキッチンにはメリットもあればデメリットも存在します。そのため、アイランドキッチンを選ぶ際には、購入したときのメリットとデメリットについてしっかりと考えておくことが重要です。

アイランドキッチンのメリットとは

アイランドキッチンのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 部屋中全体を見渡せるほどの開放感がある
  • デザインがおしゃれなものが多い
  • 料理中に家族とコミュニケーションを取りやすい
  • 動線の自由度が高い
  • 複数の人数でも料理しやすい

具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。順番に詳しくお伝えしていきます。

部屋中全体を見渡せるほどの開放感がある

アイランドキッチン

アイランドキッチンは壁に接していないため、料理をしているときでも部屋中全体を見渡すことができます。そのため、壁に接しているキッチンに比べて開放感があります。

また部屋中を見渡せることにより、「リビングにいる子供の様子をチェックしながら作業できる」「誰かリビングに入ってきたときに、すぐに確認できる」「リビングのテレビを見ながら作業できる」といった利点があります。

デザインがおしゃれなものが多い

アイランドキッチンおしゃれ

アイランドキッチンの場合、他のキッチンに比べてデザイン性に優れている傾向にあります。そのため、アイランドキッチンを選択することで、室内をおしゃれな雰囲気にすることができます。

また、アイランドキッチンにカウンターを設置することによって、「カウンターバー」のような空間を楽しむこともできます。

料理中に家族とコミュニケーションを取りやすい

アイランドキッチンコミュニケーション

アイランドキッチンの場合、壁に接していないうえに、室内のほぼ中央にキッチンが存在するような形になります。そのため、リビングにいる家族とのコミュニケーションが取りやすくなります。

特に、小さなお子さんがいるご家庭の場合、壁付きのキッチンだとお子さんから目を離してしまいます。

しかし、アイランドキッチンであれば、調理中でもお子さんの様子を確認できるため、安心できるのではないでしょうか。

また、キッチンでの調理中や後片付けは、ついつい一人の空間になりがちです。そのため、少し寂しいものですよね。

そこで、アイランドキッチンであれば、家族と会話しながら調理や後片付けが行えます。家族とのコミュニケーションを取りながら家事を行いましょう。

動線の自由度が高い

アイランドキッチンレイアウト

壁に接しているキッチンの場合、当然ながら壁がないところからでなければ出入りすることができません。一方、アイランドキッチンは壁に接していないため、どの方向からも出入りすることができます。

これにより、作った料理を運ぶ際にも、最短経路でテーブルに持って行くことができます。このことは、家事における時間短縮や作業効率のアップにつながります。

複数の人数でも料理しやすい

オープン対面キッチン

既に述べた通り、アイランドキッチンの場合、どの方向からでもキッチンに出入りすることができます。

そしてアイランドキッチンは、室内のほぼ中央に配置されます。そのため、アイランドキッチンは他のキッチンに比べて、複数の人数でも調理を行いやすいです。

これによって、家族に料理を手伝ってもらいやすくなります。また、知り合いや友人を招いて料理教室を開くときにも、有効活用することができます。

アイランドキッチンのデメリットとは

アイランドキッチンにはさまざまなメリットがありますが、それと同時にいくつかのデメリットも存在します。

アイランドキッチンのデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • においが室内に広がりやすい
  • 油はねや水はねが広く飛び散りやすい
  • 常にきれいにしていないと、生活感が丸見えになる
  • 広めのスペースが必要になる
  • 収納不足が起こりやすい
  • キッチンの中でも値段が高い傾向にある

アイランドキッチンは、おしゃれで人気のあるキッチンです。しかし、メリットだけではなくデメリットもあるため、良い点悪い点を踏まえた上で選ぶようにしてください。

それでは、どのようなデメリットがあるのでしょうか。順番にお伝えしていきます。

においが室内に広がりやすい

ガスコンロIhリフォーム

アイランドキッチンの場合、一般的なキッチンに比べてにおいが室内に拡散しやすいです。たとえば、魚を焼けば魚の臭いが、焼き肉をすれば肉の臭いが部屋中に広がる恐れがあります。

油はねや水はねが広く飛び散りやすい

アイランドキッチン油跳ね

アイランドキッチンの場合、揚げ物を調理するときに油が広い範囲で飛散しやすいです。また、皿洗いなどで水を使う際にも、水が床全体に広く飛び散りやすいです。

常にきれいにしていないと、生活感が丸見えになる

アイランドキッチン生活感

既に述べた通り、アイランドキッチンは壁に接していないうえに部屋のほぼ中央に位置しています。そのため、他のキッチンに比べて散らかっている様子や汚れなどが目につきやすいです。

このことから、アイランドキッチンを採用する場合には、キッチン周りの清掃や整理整頓を心がけることが重要です。

急な来客時にキッチンが汚れているととても恥ずかしい思いをしてしまうことになるため、マメに掃除や整理整頓をするようにしてください。

広めのスペースが必要になる

アイランドキッチンデメリット

アイランドキッチンを選択する場合、他のキッチンに比べて広めのスペースが必要になってしまいます。

壁に接している一般的なキッチンであれば、4.5畳ほどのスペースが確保できれば問題ありません。その一方で、アイランドキッチンの場合、7.5畳ほどのスペースがあった方が理想的な面積になります。

また、キッチンの面積にできるだけ余裕を持たせないと、冷蔵庫や棚などを配置する際に通路を確保しづらくなってしまいます。

収納不足が起こりやすい

アイランドキッチンデメリット

アイランドキッチンは壁に接していないため、吊り棚などの収納スペースを設けることが難しいです。そのため、壁付けタイプのキッチンに比べて、どうしても収納不足になりやすいです。

キッチンの中でも値段が高い傾向にある

アイランドキッチン費用

アイランドキッチンの場合、一般的なキッチンに比べて高額になりがちです。具体的には、一般的なキッチンの1.5~2倍の金額になります。

また、アイランドキッチンはデザイン性を重視する傾向にあり、装飾などに費用がかかりやすいです。

アイランドキッチンを選んでも後悔しないコツ

アイランドキッチンを選ぶコツとして、以下のようなポイントが挙げられます。

前もってキッチン周りを片づけるクセを付ける

アイランドキッチンを選ぶ場合、あらかじめキッチンの周りを片づける習慣を身に付けておくことが大切です。具体的な方法としては、「料理を作ったら、食事をする前に片づけを行うようにする」「余計なものは溜めずに捨てるように心がける」といった形になります。

このようなクセを前もって身に付けておけば、アイランドキッチンを選んだときにも生活感を表さずに済むようになります。

他の設備や部屋にかかる費用を減らす

アイランドキッチンの場合、導入する費用を抑えた分だけ見栄えが悪くなります。そしてアイランドキッチンは、部屋の中央部に位置するためとても目立ちやすいです。

そのため、アイランドキッチンを導入したい場合、できればアイランドキッチンにかける費用は抑えない方が賢明です。そして、どうしても費用を抑えなければならない場合、他の設備や部屋の中で「妥協しても問題ないもの」をリストアップし、それらの費用を削った方が良いといえます。

その具体的な例としては、「吊り棚の昇降機は設置をやめる(上り下りが辛くなってから導入する)」「食器洗い乾燥機の設置をやめる」「部屋数を少なくする」といったものが挙げられます。

油はね・水はね対策用のパネルやガードを設置する

既に述べた通り、アイランドキッチンは従来のキッチンに比べて、油はねや水はねが広い範囲に飛び散りやすいです。

ただしこの問題は、コンロやシンクの周囲に「油はね・水はね対策用のパネルやガード」を取り付けることで解消できます。

また水はね対策をする場合、30㎝ほどの高さのパネルを選ぶのも1つの手です。そうすることで、開放感をそれほど犠牲にすることなく、水の飛び散りを抑えることができます。

他にもガラスのものがおすすめです。しかし、掃除をしなければ透明ではなくなってしまうため、マメに手入れするようにしてください。

油跳ねガード

出典:兵庫店ファミリー庭園

におい対策用のキッチン換気扇(レンジフード)と窓を設置する

レンジフード

先ほど述べた通り、アイランドキッチンは一般的なキッチンに比べてにおいが拡散しやすいです。ただしこの問題は、コンロの上部に「キッチン換気扇(レンジフード)」を取り付けることで防ぎやすくなります。

さらに、換気用の窓を前後左右の壁に設置すれば、どのような風向きであっても室内を喚起しやすくなります。

このように、アイランドキッチンにはさまざまなメリットとデメリットが存在します。そして、アイランドキッチンにおけるデメリットは、それぞれ工夫と方法次第で解消することができます。

これらのことを理解したうえでアイランドキッチンを採用すれば、アイランドキッチン導入後に後悔する事態を避けられるようになります。

まとめ

オシャレで人気のアイランドキッチンですが、メリットもあればデメリットもあります。いい点ばかりを気にして選んでしまうと、実際に使ってみてから後悔することになりかねません。

後で後悔しても遅いため、前もっていい点悪い点を考慮した上で、理想のアイランドキッチンを手に入れましょう。

キッチンリフォームを100万円も安くする裏技

キッチンのリフォームは、100万円以上を超える高価な買い物です。できれば値段を安くしたいものです。

実は、値段の高いキッチンのリフォームですが、誰でも必ず安くできる方法があるってご存知ですか?

同じ内容のキッチンのリフォームなら安くておしゃれなほうがいいですよね。

100万円以上安くキッチンのリフォームをお得にする方法はこちら

関連記事

おしゃれなキッチン

リフォームの参考にしたい!オシャレなアイランドキッチン人気54選